走る!姶良人 中間モータース

ゲスト
中間広大さん

加治木町の(有)中間モータースの中間広大さん、どうやらランナーらしいとのことでお話をお伺いしました。

広大さんのおじいちゃんが創業した中間モータース。

最初は、農耕機やバイクの整備がメインだったそうです。

飛行機が大好きで、しょっちゅう鴨池の空港に、飛行機を見に行っていたというおじいちゃん。

その縁で、なんと、鹿児島空港の飛行機周辺車両やタラップ等の整備の仕事が現在も続いているそうです。

お休みの日までツナギを着て仕事大好きなおじいちゃんの姿や、中間モータースで働く皆さんの姿を見て育ち、中学生の頃から漠然と、この仕事をしていくのかなと思ったとのこと。

加治木中学生のときに始めた陸上競技。

200m・400mの短距離をしていて、大学でも続けたかったけれども、腰を痛めて断念。

リハビリも兼ねて、ちょっとずつゆっくりとキョリを踏むようになっていき、そのうちにマラソン大会へも挑戦。

九州各地の大会に出場をちょこちょことしてきたそうです。

最近ちょっとご無沙汰気味とのことですが、中間モータース陸上部を立ち上げてマラソン大会に出たいなとも思っている広大さん。

次の加治木駅伝には、チーム名の中に[中間モータース]があるかもしれないですね。

Instagram