あいらびゅーFMの放送活動における新型コロナウイルス感染拡大防止対応

新型コロナウイルス感染拡大の状況に鑑み、あいらびゅーFM としては以下の対応を徹底の上、放送活動を行います。

 

【1】関係者の健康管理

パーソナリティおよびスタッフについては健康管理を徹底します。

スタジオ入室前、退室後に手洗いおよびアルコール消毒を行います。

毎日の検温を行い、発熱時には出社せず事前連絡することを義務付けます。

入手できる限りで、マスク着用を励行します。

 

【2】スタジオおよび事務所の環境管理

スタジオについてはテーブル、ドアノブ、スイッチ類、機器の手に触れる部分のアルコール消毒を毎日実施します。番組進行上、可能な時間を選び扉を開け換気を行います。

事務所入口および通用口は、スタッフ不在時を除き換気のため扉を開放するとともに、サーキュレーターを常時稼働させます。

 

【3】番組制作上の対応

閉鎖環境であるスタジオ内の人数を最小限になるように努めます。

原則として3名以下の人数とし、ゲスト同伴者などの入室はご遠慮頂きます。

ゲストとパーソナリティ対面時は、正面でなく対角線配置とします。

対応可能な場合は、ミキサールームとスタジオに分かれて対面を避ける体制とします。

来局によるゲスト出演が必須でない番組構成の場合、原則として電話出演による対応に振り替えます。

取材時においては、多くの人の密集する場所・換気の悪い密閉空間・近距離での密接な会話の状況を避けます。可能な限り電話やオンラインによる取材活動に努めます。

 

【4】情報の取り扱い

新型コロナウイルスに関連する情報を取り扱う場合は、市や県、厚生労働省、WHOなど公的機関が発信する情報を情報源とし、情報源のあきらかでないもの、真偽不明なものは扱いません。

また簡潔な事実の伝達や啓発に努め、パーソナリティの個人的見解や憶測を含めないようにします。

不必要に不安を煽ることなく、正確な情報を迅速に発信します。また放送対象エリアの実情に合わせた情報を選び、不安や閉塞感を和らげる番組制作にも取り組みます。

 

 

上記対応は2020年4月4日から当面の間実施し、状況に応じ内容を見直すこととします。

 

2020年4月3日    株式会社あいらFM